91. 操作メニューの補足説明
       前の質問 : 91−1 補足説明 - 初期利用
               91−2 補足説明 - データ選択
               91−3 補足説明 - 次年度更新
               91−4 補足説明 - バックアップ、バックアップの復元
               91−5 補足説明 - ライセンスファイルを作成、ライセンスファイルを取込
               91−6 補足説明 - 一括PDF出力
               91−7 補足説明 - 環境設定
               91−8 補足説明 - 編集メニュー
               91−9 補足説明 - キー項目
               91−10 補足説明 - 勘定科目、前期貸借対照表の取込
               91−11 補足説明 - 会社基本情報
               91−12 補足説明 - 銀行登録
               91−14 補足説明 - マニュアル入力
               91−15 補足説明 - 仕訳日記帳
               91−16 補足説明 - 元帳
               91−17 補足説明 - 決算処理 -> 決算書作成ダイアログ
               91−18 補足説明 - 決算処理 -> 減価償却
               91−19 補足説明 - 決算処理 -> 棚卸
               91−20 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整
               91−21 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 当期納税額と税率の設定
               91−22 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 交際費損金不算入
               91−25 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 寄附金損金不算入
               91−26 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 前期までの累計損失
               91−27 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 所得の算出
               91−28 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 税額集計表
               91−29 補足説明 - 決算処理 -> 決算書
  91−30 補足説明 - 申告 -> 法人税、地方税、消費税
 
 
  法人税メニュー地方税メニュー消費税メニューは、「税理士いらず」が作成した申告書の内容を
  お客様に確認していただくためのメニューです。
  「税理士いらず」は、申告書の内容を自動記載するとはいえ、その申告書の提出は、あくまでもお客様自身の責任で
  行わなくてはなりません。
  そのため、「税理士いらず」では、内部的には申告書の記載内容が確定していても、最終的にはお客様自身に
  その内容を確認していただくことで、申告書の作成作業が完了するという流れになっています。
  通常は、「税理士いらず」が記載した申告書の内容を確認するだけですが、導入初年度の場合の法人税別表二
  法人税内訳書住所などのマニュアル記述欄は、この段階で、補足記載してください。
  それぞれの申告書メニューを選択すると、まず最初に、「申告書選択」ダイアログが表示されます。
  このダイアログの一覧には、「税理士いらず」が様式サポートする、すべての申告書様式が表示されていますが、
  これまでに確定した決算状況より、提出が必要な様式には、予めチェックが付加されています。
  たとえば、法人税メニューでは、交際費の支出がある場合には、別表十五にチェックが付加されており、
  売掛金の期末残高があるときには、内訳書にチェックが付加されています。
  また、地方税メニューでは、前期までの繰越欠損金を控除する場合は、第六号様式別表九にチェックが付加されていますが、
  そうでない場合は、チェックは付加されていません。
  このチェックが付加されているすべての申告書様式について、お客様が内容を確認することにより、申告書の作成作業が完了します。
  もし、お客様がチェックの付いてない申告書様式について、個別に内容を記載するのであれば、マウスクリックでチェックを付ければ、
  その様式も確認すべき申告書様式ということになります。
  設定ボタンをクリックすると、それぞれの様式の内容を確認するシーケンスになりますので、内容を確認するか、必要な修正をしたら、
  画面右上の次へボタンをクリックすると、次の様式の確認フェーズに移ります。
  次へボタンをクリックして確認済みの様式については、左側のシーケンスウィンドウの該当様式の名称欄にチェックマークが付きます。
  このチェックマークが付いたことにより、「税理士いらず」は、この様式については、お客様が内容を確認済みと見なします。
  申告書様式の内容を修正する場合に、金額などを修正すると、確定済みの決算書との整合性が確認され、不整合が発生した場合には、
  警告メッセージが表示されます。
  この警告メッセージは、お客様に対して、修正ミス等の可能性を示唆するものですので、必ずしも、警告メッセージが表示されたから
  といって、申告書が正しくないということではありません。
  たとえば、内訳書の金額の記載ミスにより、貸借対照表の該当科目の期末残高と不一致となった場合は、当然、記載内容を再確認し、
  場合によっては、決算書や仕訳の内容も再確認する必要がありますが、税務処理に詳しいお客様が、ご自身で分かっていて記載内容を
  修正した結果、警告メッセージが表示されたのであれば、それは、お客様自身のご判断となりますので、そのまま処理を進めても
  かまいません。
   関連情報:
     オンラインヘルプ -> 3−7−1 法人税
     オンラインヘルプ -> 3−7−2 地方税
     オンラインヘルプ -> 3−7−3 消費税
       次の質問 : 91−31 補足説明 - 申告 -> 概況説明書
 


Copyright (C) 2019 I Software Inc. All rights reserved.