91. 操作メニューの補足説明
       前の質問 : 91−1 補足説明 - 初期利用
               91−2 補足説明 - データ選択
               91−3 補足説明 - 次年度更新
               91−4 補足説明 - バックアップ、バックアップの復元
               91−5 補足説明 - ライセンスファイルを作成、ライセンスファイルを取込
               91−6 補足説明 - 一括PDF出力
               91−7 補足説明 - 環境設定
               91−8 補足説明 - 編集メニュー
               91−9 補足説明 - キー項目
               91−10 補足説明 - 勘定科目、前期貸借対照表の取込
               91−11 補足説明 - 会社基本情報
               91−12 補足説明 - 銀行登録
               91−14 補足説明 - マニュアル入力
               91−15 補足説明 - 仕訳日記帳
               91−16 補足説明 - 元帳
               91−17 補足説明 - 決算処理 -> 決算書作成ダイアログ
               91−18 補足説明 - 決算処理 -> 減価償却
               91−19 補足説明 - 決算処理 -> 棚卸
               91−20 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整
               91−21 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 当期納税額と税率の設定
               91−22 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 交際費損金不算入
               91−25 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 寄附金損金不算入
  91−26 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 前期までの累計損失
 
 
  前期までの累計損失フェーズでは、法人税別表七(一)を確定させます。
  前期の申告で、別表七(一)を提出していない場合(繰越欠損金がない場合)で、かつ、当期が黒字決算(所得が黒字)であれば、
  このフェーズはスキップされます。
  また、「税理士いらず」は青色欠損金のみ対応していますので、会社基本情報の設定で、「法人税申告区分:白色」の場合にも、
  このフェーズはスキップされます。
  別表七(一)の記載内容は、「税理士いらず」がすべて記載済みですので、確認だけしてから、
  画面右上の次へボタンをクリックして、次のフェーズへ進んでください。
   青色欠損金の控除ができるのは、厳密には、当期が青色申告の場合ではなくて、青色申告書を提出した事業年度に
    欠損金が発生していた場合です。
    たとえば、前期が青色申告で、当期が白色申告の場合は、当期の決算で前期に発生した青色欠損金を控除できますし、
    逆に、前期が白色申告で、当期が青色申告なら、当期の決算では、前期に発生した欠損金を控除することはできません。
    しかし、このようなケースは稀なので、「税理士いらず」では、青色申告の場合のみ別表七(一)を記載しています。
    もし、当期が白色申告でありながら、過去に青色申告書を提出していて、青色欠損金がある場合は、
    会社基本情報の設定を「法人税申告区分:青色」として決算処理を行い、別表一(一)については、
    税務署から送付された申告書に手書きで記載してください。
   関連情報:
     オンラインヘルプ -> 3−3−3 会社基本情報
     オンラインヘルプ -> 3−6−2 決算処理
       次の質問 : 91−27 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 所得の算出
               91−28 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 税額集計表
               91−29 補足説明 - 決算処理 -> 決算書
               91−30 補足説明 - 申告 -> 法人税、地方税、消費税
               91−31 補足説明 - 申告 -> 概況説明書
 


Copyright (C) 2019 I Software Inc. All rights reserved.