91. 操作メニューの補足説明
       前の質問 : 91−1 補足説明 - 初期利用
               91−2 補足説明 - データ選択
               91−3 補足説明 - 次年度更新
               91−4 補足説明 - バックアップ、バックアップの復元
               91−5 補足説明 - ライセンスファイルを作成、ライセンスファイルを取込
               91−6 補足説明 - 一括PDF出力
               91−7 補足説明 - 環境設定
               91−8 補足説明 - 編集メニュー
               91−9 補足説明 - キー項目
               91−10 補足説明 - 勘定科目、前期貸借対照表の取込
               91−11 補足説明 - 会社基本情報
               91−12 補足説明 - 銀行登録
               91−14 補足説明 - マニュアル入力
               91−15 補足説明 - 仕訳日記帳
               91−16 補足説明 - 元帳
               91−17 補足説明 - 決算処理 -> 決算書作成ダイアログ
               91−18 補足説明 - 決算処理 -> 減価償却
               91−19 補足説明 - 決算処理 -> 棚卸
               91−20 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整
  91−21 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 当期納税額と税率の設定
 
 
  申告調整処理の最初のフェーズは、当期納税額と税率の設定ダイアログの確認から始まります。
  このダイアログでは、申告調整処理を行うための準備として、前期の税金の納付状況、当期中の中間納付の状況、
  特殊支配同族会社の場合には、業務主宰役員の当期の役員給与額を設定します。
    22年度税制改正により、特殊支配同族会社税制は廃止されましたので、21年度以前の申告書を作成する場合を除いて、
     特殊支配同族会社関連の設定をする必要はありません。
    22年度版より、納付仕訳の自動生成機能の抑止オプションが追加されていますが、納付仕訳を自動生成
     しない場合でも、前期の税金の納付状況や、当期の中間納付状況は、正しく設定する必要があります。
  また、税額計算のための準備として、法人税、地方税などの税率や均等割額の確認も行うため、
  自治体によって税率や均等割額が異なる場合には、このダイアログで税率、均等割額などの変更設定をする必要があります。
  この当期納税額と税率の設定ダイアログも、会社基本情報と同様に、当期の決算書、申告書を正しく作成するために、
  正確に設定しなくてはなりません。
  個々の設定項目のご説明は、 マークをクリックすると一口ヘルプが表示されますので、確認しながら正確に設定してください。
  特に、地方法人特別税の設定方法には注意が必要です。
  地方法人特別税は、前期分の納付金額については、事業税と地方法人特別税の合計額を事業税として設定し、
  当期の中間納付分については、合計額を事業税として設定し、そのうちの地方法人特別税の中間納付分を別途、設定する必要があります。
   関連情報:
     オンラインヘルプ -> 3−3−3 会社基本情報
     オンラインヘルプ -> 3−6−2 決算処理
       次の質問 : 91−22 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 交際費損金不算入
               91−25 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 寄附金損金不算入
               91−26 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 前期までの累計損失
               91−27 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 所得の算出
               91−28 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 税額集計表
               91−29 補足説明 - 決算処理 -> 決算書
               91−30 補足説明 - 申告 -> 法人税、地方税、消費税
               91−31 補足説明 - 申告 -> 概況説明書
 


Copyright (C) 2019 I Software Inc. All rights reserved.