91. 操作メニューの補足説明
       前の質問 : 91−1 補足説明 - 初期利用
               91−2 補足説明 - データ選択
               91−3 補足説明 - 次年度更新
               91−4 補足説明 - バックアップ、バックアップの復元
               91−5 補足説明 - ライセンスファイルを作成、ライセンスファイルを取込
               91−6 補足説明 - 一括PDF出力
               91−7 補足説明 - 環境設定
               91−8 補足説明 - 編集メニュー
               91−9 補足説明 - キー項目
               91−10 補足説明 - 勘定科目、前期貸借対照表の取込
               91−11 補足説明 - 会社基本情報
               91−12 補足説明 - 銀行登録
               91−14 補足説明 - マニュアル入力
               91−15 補足説明 - 仕訳日記帳
               91−16 補足説明 - 元帳
  91−17 補足説明 - 決算処理 -> 決算書作成ダイアログ
 
 
  「決算書作成」ダイアログには、会社情報タブと決算情報タブがあります。
  会社情報タブでは、決算書や申告書に記載する会社名住所電話番号などが設定されます。
  通常は、会社基本情報を設定した時点で、会社名などがこの会社情報タブに転送されますので、
  特に設定を意識する必要はありませんが、電話番号は会社基本情報の設定にはありませんので、
  会社情報タブで個別に設定する必要があります。
  決算情報タブは、決算処理メニューを選択したときに既定の設定で表示されます。
  通常、仕訳を入力した直後は、決算書ボタンはクリックすることができません。
  これは、決算調整処理が、まだ未処理状態だからです。
  決算調整処理を完了すれば、確定決算書が作成されるので、決算書ボタンがクリック可能になります。
  試算表ボタンをクリックすると、仕訳の集計結果が試算表として表示されますが、
  試算表の集計範囲は、試算期間で設定された期間になりますので、ご注意ください。
  財務諸表の設定で、株主資本変動計算書個別注記表は、決算書が確定するまではグレー表示になっていて、設定できません。
  決算書が確定した段階(決算書ボタンがクリック可能になった段階)で、設定可能となりますので、
  その段階で、当期変動額ボタンをクリックすれば、株主資本等変動計算書に記名することができます。
  個別注記表は、通常は、作成されませんので、必要であれば、個別注記表ボタンをクリックして
  フリーフォーマットで作成してください。
   関連情報:
     とてもよくあるご質問 -> 仕訳を入力したのに申告書が作れない!
     体験版のご利用方法 -> 決算調整処理を行って、確定決算書と税額集計表を確認する
     オンラインヘルプ -> 3−3−3 会社基本情報
     オンラインヘルプ -> 3−6−2 決算処理
       次の質問 : 91−18 補足説明 - 決算処理 -> 減価償却
               91−19 補足説明 - 決算処理 -> 棚卸
               91−20 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整
               91−21 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 当期納税額と税率の設定
               91−22 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 交際費損金不算入
               91−25 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 寄附金損金不算入
               91−26 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 前期までの累計損失
               91−27 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 所得の算出
               91−28 補足説明 - 決算処理 -> 申告調整 -> 税額集計表
               91−29 補足説明 - 決算処理 -> 決算書
               91−30 補足説明 - 申告 -> 法人税、地方税、消費税
               91−31 補足説明 - 申告 -> 概況説明書
 


Copyright (C) 2019 I Software Inc. All rights reserved.